1. TOP
  2. スキンケア
  3. エイジングケア
  4. ニキビケア
  5. ビーグレン Cセラム
レビューはこちら

ニキビ・毛穴ケアに人気!ビーグレンの高濃度ビタミンC美容液「Cセラム」


ビーグレン 高濃度ビタミンC美溶液 Cセラム

シミやニキビ跡のケアにも!あらゆるお悩みにおすすめの美容液


独自の浸透技術「QuSome」を応用したアメリカ生まれのサイエンス・コスメ「bglenビーグレン」の中でも、ニキビやニキビ跡、毛穴のケアとして口コミでも人気となっている高濃度ビタミンC美容液「Cセラム」


「Cセラム」は、ビーグレンではもはや定番となっているエイジングケア美容液で、独自技術「QuSome」により超微小カプセルに包みこまれたピュアなビタミンCが高濃度で配合されています。


ビタミンCの効果を実感できる濃度は5%以上といわれていますが、
「Cセラム」は7.5%と高濃度で配合。


しかも、そのままでは肌に浸透しにくく壊れやすいビタミンCを、ビーグレンの独自技術により超微小カプセルで包み込んでいるため、角質層の奥までしっかりと届けることができ、同時に肌の中に長時間留まり、内側からじっくりとケアしてくれるのだそう!


高濃度ビタミンC美容液の中には、3%程度のものから20%と高濃度のものまで様々あり、濃度が高いほど効果も高いといわれていますが、濃度が高いほど肌への刺激も強いため、5〜7%程度のものがおすすめなんです。


「Cセラム」は7.5%と高濃度ではありますが、比較的穏やかな配合濃度で、更に独自技術によりビタミンCを包み込んでいるため、肌への刺激が抑えられているんですよ。


肌への負担を抑えながらも「高濃度ビタミンC」の効果を実感したい
そんな人にとてもおすすめの美容液です!



詳しくはこちら肌力を呼び覚ますビタミンC美容液

スポンサーリンク



ビーグレン 高濃度ビタミンC美溶液「Cセラム」を使ってみました


ビーグレン 高濃度ビタミンC美溶液 Cセラム


「ビーグレン」には、お悩み別のトライアルが8種類もあるのですが、
その全てに共通して「Cセラム」が入っています。


それだけ、どんなお悩みにも対応した美容液、といえそうですね!


8種類のお悩み別トライアル

「ニキビケア」「ニキビ跡ケア」「毛穴ケア」「目元ケア」「ホワイトケア」
「乾燥・保湿ケア」「たるみ・ほうれい線ケア」「エイジングケア」


口コミでは、ニキビや毛穴のケアとして人気となっていますが、ビタミンC美容液はハリ・透明感・引き締めなど様々な効果が期待できるため、あらゆるお悩みのケアにおすすめなんですよ!



「ビーグレン Cセラム」の使い方


ビーグレン 高濃度ビタミンC美溶液 Cセラム


今回使ったのはお試し品の5mlで、本品は15ml入り。
ちなみに、お試しの5mlで朝晩使って約7日間、本品は約1ヵ月使えるそう!


使う順番としては、
洗顔・クレンジング>化粧水>「Cセラム」>乳液・クリーム>日焼け止め
の順で使います。


「Cセラム」は、洗顔後すぐに使ってもOKだそうですが、化粧水でお肌を整えてからのほうが「Cセラム」が浸透しやすくなり、肌への刺激も抑えられるとのこと。


また、乳液・クリームの後に使うとその油分により浸透しにくくなる可能性があるため(Cセラムはオイル不使用)、乳液・クリームの前に使うのがおすすめですよ。


ビーグレン 高濃度ビタミンC美溶液 Cセラム


使用量の目安は、直径2cmくらい。
化粧水でお肌を整えた後、手の平に軽く広げてから顔全体を包むように優しくなじませていきます。


「Cセラム」は、透明でとろりとしたオイルっぽい液体で
表現が難しいのですが、しいて言えば鉄のような香り。


正直、その香りが私にはちょっとキツくて使い始めは辛かったですが、
毎日使っているうちに慣れてしまい、普通に使えるようになっていました(^^;



さらっと系のオイル美容液のようなテクスチャー


ビーグレン 高濃度ビタミンC美溶液 Cセラム


のびはとても良く、使用感はオイル美容液といった感じ。


ただ、通常のオイル美容液と比べると
浸透力が高いためかスーっとお肌に染み込んでいきます。


中にはべたつきを感じる人もいるようですが、そういった場合は使う量を減らしてみるのがおすすめです(目安量の直径2cmだとちょっと多いよう)。


私が使った感じでは、べたべたというよりも
さらっと系のオイル美容液のような感じで使いやすかったですよ。


これをつけると、肌表面がつるんとしてその後のスキンケアのノリも抜群!


「高濃度ビタミンC美容液」は、時によっては乾燥を感じることもありますが(ビタミンCは皮脂を抑える作用があるため)、使う量・回数を減らしたり、しっかりと保湿をすることで対処できそうです。



日中は日焼け止めを!


こちらの美容液は、ビタミンCが高濃度で配合されているため、日中使う場合は必ず日焼け止めをご使用くださいとのこと。(高濃度ビタミンC美容液は紫外線の影響を受けやすい)


もちろん、夜のみの使用であれば安心ですが、
日中も使いたい場合は日焼け止めをしっかり塗ることが大切です。


また、「高濃度ビタミンC美容液」は肌の刺激となることがあるため、
敏感肌の人や肌の弱い人は、少量で試しながら使ったほうが良いそうですよ。



ビーグレン Cセラム 全成分


PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13、14)イソパラフィン、ラウレス-7


「Cセラム」は、ビタミンCに殺菌効果があるため保存料は使用していないそうです(^^)



「ビーグレン Cセラム」を使った感想


「ビーグレン Cセラム」を使った感想


「Cセラム」は、顔につけると、じわ〜っと温かくなるのが特徴。


ビタミンCそのものが角質層の奥にじわじわ浸透していくような感じで、
最後に両手でおさえて良く染み込ませると、じんわりふっくら。


これをつけた翌日のハリ・ツヤ感はすごくて、毛穴もぎゅっと引き締まる感じがします。


肌が過敏になっているときは少しピリピリしましたが、たった一晩でも乾燥によるカサカサが気にならなくなり、ニキビ(吹き出物?)ができても悪化せず、目立たなくなっていったのには驚きでした。


もちろん実感できない人もおられますが、口コミではニキビや毛穴のケアとして使っていらっしゃる方が多く、ソフトピーリング作用もあるとのことで、シミやニキビ跡のケアとして使っている人も多いんですよ。


人によってはピリピリしたり乾燥しやすいようなので、乾燥肌や敏感肌の人は使う量を少量にしたり、日中は使わずに「夜のみ使用する」「保湿をしっかりする」のが上手に使うコツのようです。


ただ、他の高濃度ビタミンC美容液と比べても配合濃度は低めですし、独自技術の「QuSome」のおかげか比較的低刺激のようなので、高濃度ビタミンC美容液が使ってみたいけど刺激は抑えたい、という人には「Cセラム」がおすすめです!


ちなみに、私は25%の高濃度ビタミンC美容液を使ったことがありますが、ピリピリが結構辛かったですし、口コミでは10%の高濃度ビタミンC美容液でもピリピリする人がいるようなので、7.5%で実感できるのであれば嬉しいですね。


私の場合、この実感力なら朝晩使わなくても、夜だけ使えばいいかなという感じです。
むしろ、肌トラブルが気になった時のスペシャル美容液として使うだけでもいいくらい。


また、「Cセラム」は顔全体に使うのが通常の使い方で、気になる部分への重ねづけや、ピンポイントでの使用は控えた方が良いそうなのですが、

実はピンポイントで使っている人は多く、私的にもピンポイント使いはおすすめです。(炎症ニキビには刺激が強いかもしれないので、炎症が治まってから使います。)


ピンポイント使いや、夜のみの使用だとより長持ちしますし、
のびも良いので、コスパ的にも良いのではないかと思いますよ。


「ビーグレン」ではお悩み事に8つのトライアルセットが用意されていて、
全てに「Cセラム」が入っています。



悩みごとの8つのトライアルセット


・ニキビケア(ニキビ)
・ニキビ跡ケア(ニキビ跡・クレーター)
・毛穴ケア(毛穴の開き・黒ずみ・テカリ(脂性)・角栓)
・目元ケア(目尻のしわ・目元のくま・まぶたのたるみ)
・ホワイトケア(シミ・色素沈着)
・乾燥・保湿ケア(乾燥肌・乾燥じわ)
・たるみ・ほうれい線ケア(ほうれい線・顔のたるみ・たるみ毛穴・くすみ)
・エイジングケア(額のしわ・眉間のしわ)


「Cセラム」は「高濃度ビタミンC美容液」ということで、肌に合う人と合わない人で大きく分かれそうなので、気になる人はまずトライアルから使ってみるのがおすすめですよ。



トライアルの詳細はこちらビーグレン トライアルセット

Cセラムの詳細はこちら肌力を呼び覚ますビタミンC美容液




ビーグレン関連記事

ビーグレン ビタミンA美容液 QuSomeレチノA

「QuSomeレチノA」は、ビーグレン化粧品の中でも「深く刻まれたラインに働きかける」集中エイジングケア美容液。年齢サインにピンポイントで働きかける2種類のビタミンA・・・


ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、ビーグレン独自の技術「QuSome」により浸透力を高めたハイドロキノン「QuSome化ハイドロキノン」が1.9%配合された・・・


ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム

「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」は、ビーグレン独自の複合成分「QuSomeエイジリカバーコンプレックス」が配合されたエイジングケアクリームです。「QuSome・・・


ビーグレンエイジングケアトライアルセット

医療レベルの浸透技術を応用し、独自の浸透技術「QuSome」と「エイジングケア成分」を融合したアメリカ生まれのサイエンス・コスメ「b.glenビーグレン」。そのビーグレン化粧品では、エイジングケアに特化した・・・


「ビーグレン化粧品」単品ではどれがおすすめ?口コミでも評価が高い優秀アイテム

医療レベルの浸透技術を応用したアメリカ生まれのサイエンス・コスメ「bglenビーグレン」。「ビーグレン」は、お悩み別のトライアルが8種類もあり、単品としては・・・




ビタミンC配合化粧品関連記事

ビューティーモール プレミアムAPPS+E(TPNA)ローション

知る人ぞ知るシークレットコスメ「ビューティーモール」の中でも「驚くほど違いを感じる!」との声も多い口コミでも人気の化粧水「プレミアムAPPS+E・・・


生コスメ 四季ノ肌

なんとビタミンC誘導体の100倍以上の浸透力があるといわれている「ビタミンC誘導体"APPS"」を配合した無添加のエイジングケア化粧品「四季ノ肌」・・・


シーボディ イデアアクト プラチナVCセラム

「プラチナVCセラム」は、日焼けや紫外線のケアだけでなく「コラーゲン生成にも着目」し、先進ペプチド「TGP(オリゴペプチド-34)」を推奨濃度の6%と高濃度で配合した・・・


リソウ リペアジェル

保湿力がスゴイ!と話題の「リソウ リペアジェル」は、水や油を一切含まない、美容成分のみで作られた濃厚なエイジングケア美容液。それも、化学加工ではなく、植物の生きる力を活用して作られた・・・


プラキレイ プラスナノHQ

ハイドロキノン配合クリームといったらまず思いつくくらい人気の「プラスキレイ プラスナノHQ」は、お肌の漂白剤ともいわれる「ハイドロキノン」を4%配合した1点集中ケア型の・・・



スポンサーリンク


PICK UP!

特集

イチオシ

カテゴリ

最新5件

人気の記事

美容記事

リンク

スキンケアサーチ(検索サイト)