1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美白・シミケア
  4. プラスキレイ プラスナノHQ
レビューはこちら

ハイドロキノンクリームといったら「プラスナノHQ」!ハイドロキノン4%配合で1点集中ケア!


ハイドロキノンクリームといったら「プラスナノHQ」!ハイドロキノン4%配合で1点集中ケア!

ハイドロキノン4%がすごい!口コミでも人気のブライトニングクリーム


ハイドロキノン配合クリームといったらまず思いつくくらい人気の「プラスキレイ プラスナノHQ」は、お肌の漂白剤ともいわれる「ハイドロキノン」を4%配合した1点集中ケア型のブライトニングクリームです。


「ハイドロキノン」は肌への刺激が強い成分のため、1〜3%が一般的とされていますが、「プラスナノHQ」は限度の4%と高濃度で配合!


更に、一般のハイドロキノン製品よりも肌なじみを良くするため、整肌成分のリン脂質を配合し、ナノテクノロジーにより「ハイドロキノン」が角質層の奥深く、気になるお悩みのポイントまで届くように作られているんですよ。


「ハイドロキノン」の他にも、今話題の「レスベラトロール」「ビタミンA(パルミチン酸レチノール)」「ビタミンC(アスコルビン酸)」「ビタミンE(酢酸トコフェロール)」「アスタキサンチン」といった美肌成分も配合!
*「アスタキサンチン」は製品の抗酸化成分。


毎夜、スキンケア後に気になる部分を狙ってピンポイントで塗りこむだけで、
気になるお悩みを徹底的に集中ケアしてくれます。


「ハイドロキノンクリーム」というとちょっと手を出しにくい感じがありますが、「プラスナノHQ」は口コミでも人気な上に手軽に使えますし、評価もなかなかのものなので「高濃度ハイドロキノンクリームを試してみたい」という人におすすめですよ!



詳しくはこちらもうコンシーラーで隠さない!素肌対策

スポンサーリンク



「プラスキレイ プラスナノHQ」を使ってみました


プラスキレイ プラスナノHQ


「プラスキレイ プラスナノHQ」は、「ハイドロキノン」という成分を知ったときからちょくちょく目にしていたブライトニングクリームで、以前から気になっていましたが、今回キャンペーンで「プラスピュア VC25」も一緒に試せるということでついに購入!


ちなみに「プラスピュア VC25」は、ピュアビタミンCが25%と高濃度で配合されたビタミンC美容液です。(「プラスナノHQ」が1点集中型なら「プラスピュア VC25」は顔全体をケアする感じ。)


「プラスナノHQ」と一緒に使うとより効果的とのことですが、今回は「プラスナノHQ」を単品で試してみたかったので「プラスナノHQ」のみを使用してみました。



プラスキレイ プラスナノHQ


プラスキレイ プラスナノHQ


「プラスナノHQ」は、1本5g入り。
見た目はとても小さいですが、気になるお悩みにピンポイントで塗ればいいだけなので、
1本で約1ヵ月も使うことができます。


「ハイドロキノン」は成分の特性上、とても酸化しやすいため、
「1本5gと少量にして、約1ヶ月で使いきれるようにこの量にした」とのこと。


口コミでは、実際1ヶ月以上使うことができる人が多いようですが、
1ヶ月以上使っていると、変色して黄色っぽくなってくるそうなので、
使ったらしっかりフタを閉めて早めに使い切った方が良さそうですね。



使い方・テクスチャー


プラスキレイ プラスナノHQ


「ハイドロキノン」はお肌への刺激が強く、稀に肌に合わない場合があるそうなので、
使う前にまずパッチテストを必ず行ってから使います。


パッチテストの仕方
腕の内側に少量を塗って24時間置き、何も異常がなければ使うことができます。


「ハイドロキノン」は紫外線の影響を受けやすい成分のため、
日中使う場合は、クリームを塗った後必ず日焼け止めを塗るのが鉄則!


「夜のみ使う」のが安心ですが、昼間も使いたい場合は
日焼け止めをしっかり塗りましょう。


また、「ハイドロキノン」は、継続して使用すると白斑といって肌の一部が白く抜ける症状がでる可能性があるため、1カ所につき約6ヵ月を目安に使った方が良いそうですよ。


プラスキレイ プラスナノHQ


容器は「極力酸化を抑えるため」にと、チューブタイプになっています。


先が細くなっているので、ちょこっと出すにも使いやすく、
衛生的に使えるのは嬉しいですね(^^)


プラスキレイ プラスナノHQ


クリームは、真っ白でいかにもクリームといった感じのテクスチャー。


このクリームを、少量(米粒大)指に取り、
気になる部分にピンポイントでポンポンとなじませていきます。


使う順番としては、
洗顔>化粧水>美容液>乳液・保湿クリーム>「プラスナノHQ」>オイル>日焼け止め
という感じで、いつものスキンケアにプラスして使います。


「少量を薄く肌になじませるようにご使用ください」とのことですが、
口コミでは「乗っけるように塗り込む」とより実感できるとのこと。


なので、私は特に気になるところは重ね塗りしたり、
ちょっと厚めに乗せるように塗り込んでおります(^^;


プラスキレイ プラスナノHQ


少しオイルっぽい感じがする滑らかなクリームでのびは良く、
気になる部分にのみ使うので、本当に少量で足りてしまいます。


なじませていると少量でものびがいいので、のばして広げたくなってしまいますが、
ポンポンと軽くたたくように気になる部分を狙って塗り込むのがポイント。


最初はクリームが白く浮いてしまいがちですが、
ポンポンとなじませていると徐々になじんできます。


特にニオイもなく、いつものスキンケアの後に
ちょこっとなじませるだけなので、とても使いやすいですよ(^^)



プラスキレイ プラスナノHQ 全成分


プラスキレイ プラスナノHQ 全成分


水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、BG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ハイドロキノン、メドウフォーム油、DPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ペンチレングリコール、水添ヤシ油、アラキジルアルコール、グリセリン、ジメチコン、シア脂、ミツロウ、ベヘニルアルコール、水添パーム核油、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、アラキルグルコシド、水添パーム油、クエン酸Na、ラウリルカルバミン酸イヌリン、アスコルビン酸、酢酸トコフェロール、キサンタンガム、EDTA-3Na、ビタミンA油、ブドウつるエキス、アスタキサンチン、トコフェロール、エタノール、リン脂質、プロピルパラベン、メチルパラベン、ピロ亜硫酸Na



プラスキレイ プラスピュアVC25


プラスキレイ プラスピュアVC25


今回は「プラスピュアVC25」を一緒には使いませんでしたが、これはこれで使ってみたのでご紹介します!


「プラスピュアVC25」は、ピュアなビタミンCを25%と高濃度で配合した美容液。


ピュアなビタミンCとは、誘導体化していないビタミンCのことで、そのままでは壊れやすく、成分が不安定なため化粧品などに配合するのが難しいとされていますが、こちらの美容液は「両新媒性溶媒」を配合することでピュアなビタミンCを高濃度で配合することを実現しています。


更に、「両新媒性設計(A-PVC)」により水にも油にもなじむ性質となったため、角質層をまっすぐ通り抜けて角層の奥まで素早く浸透するのだそう!


「ビタミンC」は、あらゆる肌悩みをサポートしてくれる万能美容成分!


その濃度は5%・10%・20%などあり、25%というと高濃度ビタミンC美容液の中でも高濃度で肌への刺激も強めとなっていますが、保湿から引き締め、透明感、エイジングケアまで、様々な実感が期待できる優れものなんですよ。



使い方・テクスチャー


プラスキレイ プラスピュアVC25


今回使ったのは「プラスピュアVC25」のお試し品で1本2ml入り(約7日分)。
小さいながら、ちゃんとスポイト式の容器になっているので使いやすく衛生的です(^^)


ただ、ピュアビタミンCは非常に酸化しやすく、開封後、時間が経つと酸化して色が濃くなるそうなので、そのまま使ってもOKですが、開封後は1ヵ月を目安に使い切ったほうが良いとのこと。


保存の際にはしっかりとフタを閉めて、冷暗所(冷蔵不可)にて保管します。


プラスキレイ プラスピュアVC25


高濃度ビタミンC美容液は、肌への刺激が強い成分のため、
「プラスナノHQ」と同様に、こちらもまずパッチテストを行ってから使います。


パッチテストの仕方
腕の内側に少量を塗って24時間置き、何も異常がなければ使うことができます。
「プラスナノHQ」と一緒に使う場合は、両方を塗ってパッチテストを行います。


また、高濃度ビタミンC美容液は紫外線の影響を受けやすいため、
こちらも日中使う場合は、日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。


夜のみ使うのが安全ですが、こちらの美容液は「朝夜使う」ことを推奨しているので、
日焼け止めをしっかりと塗って正しく使うことが大切です。


プラスキレイ プラスピュアVC25


テクスチャーは、無色透明のとろっとした液体で、
まるでみかんの皮の油を凝縮したかのような、さっぱり系のオイル美容液のよう。


化粧水の後、3〜4滴を手に取り、手の平に広げてから顔全体になじませていきます。


使用する順番としては、
洗顔>化粧水>「プラスピュアVC25」>乳液・保湿クリーム>日焼け止め
といった感じ。


こちらの美容液は、手の平に広げるとぼわっと温かさを感じることができます。
高濃度ビタミンC美容液では良くあることなのですが、成分が濃い証なのでしょうか?


また、高濃度ビタミンCは肌への刺激が強いためピリピリを感じる人も多いのですが、
「プラスピュアVC25」も結構ピリピリとした刺激を感じました。


10%程度でもピリピリする人がいるので、25%ともなるとそりゃそうか、という感じですが(25%は相当濃いです)、これはピュアビタミンCが浸透しているサインなのだそうで、すぐに治まるようなら問題はなく、続けて使ってOKなのだそう。


オイル美容液のようですが嫌なベタつきはなく、
顔になじませた瞬間、ラベンダー+柑橘のような良い香りが(^^)


肌になじむと、ふっくら、つるっ、ツヤッ!という感じで、
高濃度ビタミンC美容液の実感をより高めたような実感を得ることができましたよ。



プラスキレイ プラスピュアVC25 全成分


プラスキレイ プラスピュアVC25 全成分


メチルピロリドン、アスコルビン酸、ブチロラクトン、ジグリセリン、BG、PG、グリセリン、PEG-8、オレンジ果皮油、ラベンダー油


肌への負担を極力抑えるためにと、香料・着色料・エタノール・防腐剤・高級アルコール・鉱物油は不使用となっています。



「プラスキレイ プラスナノHQ」を使った感想


「プラスキレイ プラスナノHQ」を使った感想


「プラスキレイ プラスナノHQ」は、肌への刺激が強いハイドロキノンが4%と高濃度で配合されているということで、一番気になっていたのはお肌への刺激。


私の場合、ハイドロキノン配合化粧品を使うといつも塗った部分がかゆくなるのですが、
「プラスナノHQ」も最初は塗った部分がかゆくなりました(^^;


でも、ピリピリなどの刺激を感じることはなく、かゆみも使っているうちに気にならなくなってきたので、特に支障なく使うことができました。


ハイドロキノンが4%も配合されているので「このくらいは当前」という感じで私は使いましたが、パッチテストで大丈夫でも肌の弱い人は様子を見ながら使った方が安心ですね。


ただ、やっぱりハイドロキノンが4%配合されているだけあって、
これは!という手答えを早々に実感できた「プラスナノHQ」!


夜のみの使用ですが、約1週間でも何となく実感があり、3週間使い続けると、
気になる部分がだんだんぼやけて目立たなくなってきました(^^)


もちろん、全部が薄くなるといったことではなく、おそらく年月の経っていないものから順に、という感じでしょうが、ハイドロキノン化粧品で良くある「色が濃くなってくる」「赤くなる」といったことも起こったので、これは期待できるぞ!という感じがしますね。


「プラスナノHQ」にはハイドロキノンの他にも、「パルミチン酸レチノール」や「ビタミンC」なども入っているので、他のハイドロキノン化粧品と比べても実感力は高いのかも?


ちなみに、6ヵ月使い続けても実感がない場合は、ハイドロキノンでは対処しきれないものらしいので、とりあえずは6ヵ月を目安に使ってみるのがおすすめです。


ハイドロキノン高濃度配合の1点集中ケアクリームなので、その分実感だけでなく肌への影響も強いですが、気になるお悩みを「ハイドロキノン」でピンポイント集中ケアしたい人は使ってみる価値があるのではないかと思いますよ(^^)


「プラスナノHQ」は、「プラスピュアVC25」と一緒に使うとより効果的だそうで、口コミでも「一緒に使い始めたら薄くなるのが早くなった」という声もあるのでセットで使ってみるのもおすすめです!


「プラスキレイ」のキャンペーンでは、「プラスナノHQ(5g)」と「プラスピュアVC25(2ml)」のセットがかなりお得に試せるので、気になる人は要チェックです!



詳しくはこちら点と面で攻める透肌美活




関連記事

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、ビーグレン独自の技術「QuSome」により浸透力を高めたハイドロキノン「QuSome化ハイドロキノン」が1.9%配合された・・・


メコゾーム ブライトニングフォーミュラ

古い細胞・傷ついた細胞を見つけてケアする海の酵素「マリンプロテインエキストラクト」を配合した「メコゾーム」のシミ対策化粧品「ブライトニング・・・


エルシーノ

美白専門ブランド「LESINOエルシーノ」は、美白のスペシャリスト集団が生み出した「本物の美白」をサポートする美白化粧品。美白液・クリーム・サプリ・・・


エルシーノ美白美容液

表面的なシミをクリアにしながら、シミ予備軍まで徹底防御。それが美白専門ブランド「LESINOエルシーノ」の集中美白美容液。エルシーノの新複合美白・・・


シーボディ イデアアクト プラチナVCセラム

「プラチナVCセラム」は、日焼けや紫外線のケアだけでなく「コラーゲン生成にも着目」し、先進ペプチド「TGP(オリゴペプチド-34)」を推奨濃度の6%と高濃度で配合した・・・


リマーユ プラセラ原液

美肌効果の高い「馬プラセンタ」と、人の肌となじみの良い「馬セラミド」が高濃度で配合された原液タイプのエイジングケア美容液「リマーユ プラセラ原液・・・


ビーグレン 高濃度ビタミンC美溶液 Cセラム

独自の浸透技術「QuSome」を応用したアメリカ生まれのサイエンス・コスメ「bglenビーグレン」の中でも、ニキビやニキビ跡、毛穴のケアとして口コミでも人気となっている・・・



スポンサーリンク


PICK UP!

特集

イチオシ

カテゴリ

最新5件

人気の記事

美容記事

リンク

スキンケアサーチ(検索サイト)