1. TOP
  2. 日焼け止めの成分 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?

日焼け止めの成分 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?


日焼け止めの成分 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?


日焼け止めには、紫外線を防ぐための成分(紫外線防御剤)である「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」が入っています。よく、「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」と表示のあるものがありますが、そもそも紫外線を防ぐ成分とは何なのでしょうか?



「紫外線吸収剤」とは?


「紫外線吸収剤」とは?

紫外線を吸収し、熱エネルギーなどの無害な物質に化学変化させて皮膚に当たる紫外線を防ぐ成分。


「紫外線散乱剤」より使用感が良く、紫外線カット効果も高いため、化粧品によく利用されています。(ジェル・化粧水など)


「紫外線吸収剤」の種類


「メトキシケイヒ酸オクチル」「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル」「ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル」「t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン」「オクチルトリアゾン」「パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシル」など。


毒性や発がん性も確認されているため、配合量を制限されるくらい危険な成分で、紫外線を吸収する際に生成される物質が、かぶれやアレルギー反応など肌トラブルを起こす可能性があるといわれています。


最近では、「紫外線吸収剤」をコーティングすることで肌に直接触れないように加工し、肌への刺激を減らした化粧品も出てきているため、お肌の弱い人でも使えるようになってきているようです。



「紫外線散乱剤」とは?


「紫外線散乱剤」とは?

紫外線を物理的に反射して皮膚に当たる紫外線を防ぐ成分。


白浮きしやすい、使用感が良くない、汗に弱いといったデメリットがありますが、「紫外線吸収剤」よりお肌に優しいといわれています。(乳液・クリーム・パウダーなど)


「紫外線散乱剤」の種類


「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」など。


これら天然鉱物(ミネラル)は顔料としても利用されている成分で、比較的安心して使えるとされていますが、肌荒れが起きる可能性はゼロではありませんし、活性酸素を発生させて肌を酸化させる作用もあるそう。


最近では、「紫外線散乱剤」をコーティングすることで肌に直接触れないように加工してあるものや、白浮きしにくいもの、使用感を良くしたもの、ウォータープルーフのものなど、改良された化粧品も出てきています。



紫外線吸収剤不使用・ノンケミカルがおすすめ!


「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」は、紫外線からお肌を守ってくれる良い効果がある反面、逆の効果としてお肌に対しアレルギー反応をおこしたり、肌トラブルが起きたりするなど、お肌の負担となってしてしまうことがあります。


これは主に「紫外線吸収剤」で起こりやすく、SPF・PAが高いものほど多く配合されているため、お肌の弱い人や敏感肌の人は注意が必要です。


ただ、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が配合されていても、直接肌に触れないようにコーティングされ、肌への負担を抑える加工が施されている化粧品などもありますので、お肌への刺激が気になる人はそういったものを選ぶのがおすすめです。


今では、「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」といった「紫外線吸収剤を使用していない化粧品」も多く取り扱われており、中には「紫外線吸収剤」も「紫外線散乱剤」も使用せず、ハーブなどの成分のみで紫外線を防ぐ化粧品も出てきています。


自然由来、オーガニック系の化粧品は、一般的な化粧品よりも高価となってしまうものが多いですが、お肌のことを考えるなら選択肢に入れてみても良いのではないでしょうか。




関連記事

乾燥肌の原因とリスク 乾燥からお肌を守るためには

カサカサ、ゴワゴワ、皮が剥ける、粉を拭く、まるで砂漠のような肌。 そんな「乾燥肌」になってしまう原因とは何なのでしょうか?「乾燥肌」には、外的要因から内的要因まで・・・


気になる濁りを集中ケア!おすすめのシミケア化粧品5選

過剰なメラニンが排出されずに残ってしまったシミ。潜在的なシミ予備軍も気になるところですが、今あるシミは目に見えているだけに余計に気になりますよね。「ある日・・・



スポンサーリンク



PICK UP!

特集

イチオシ

カテゴリ

最新5件

人気の記事

美容記事

リンク

スキンケアサーチ(検索サイト)